社員インタビュー

未経験からの専門分野営業へ。
現場を円滑にするために役立ちたい。

2019年入社

太田 拓

太田 拓

本格的な営業活動を前に、勉強中の毎日です。



人と話すことが好きで、入社前まではずっと「対コンシューマー」のBtoC営業をやっていたのですが、仕事をやっていく中で、法人企業へのBtoBの営業もやってみたい弊社へ入社をしました。最初に興味を持ったきっかけは、社名が自分の名前がそっくりだったから(笑)。お客様からもよく創業者との関係を聞かれますが、まったくの偶然です。でも、名前がお客様との会話のきっかけになってくれるので、営業の場ではとても助かっています。
私は現在、本格的な営業活動を前に、建設現場と生コンクリートメーカーとの間で、生コンクリートの発注量のすり合わせや日程調整などの業務に携わっています。ときには上司に同行し、現場の打合せに出席させてもらいながら、弊社の営業の流れなどを勉強している日々です。ゆくゆくは自分の担当を持って営業を行うようになるので、現在の仕事の中でも1つでも多くのことを吸収できるように心掛けながら取り組んでいます。




未経験入社の自分でも、安心して仕事に取り組めています。





入社後はまず生コンクリートメーカーでの研修があったのですが、まったくの未経験で入社したので、最初にこうした研修を受けさせてもらえるのはとても良かったです。工場では製造工程において、どのように製品が作られているかを、実際の作業を通して工場勤務の方たちから直接学ぶことができました。研修で学んだ知識は今、お客さんとの打合せでも活きています。
それと分からないことや困ったことがあれば、何でも相談することができますし、丁寧に教えてもらっています。太田博の仕事は自主性に任されていますが、未経験で入社した自分にとってはこうした会社の雰囲気というか環境はとてもありがたいです。



お客様からの感謝の言葉に、この仕事のやりがいを実感。



建設現場で必要なものは生コンクリートだけに限りません。関連して数多くの資材や重機等が必要となってきます。それを全方向に手配するのが太田博の営業の仕事です。この仕事に必要なことは、お客様や各業者さんとの密なコミュニケーションと柔軟な対応力だと感じています。例えば、コンクリート工事は天候にも左右されるため、万事順調に運んでいても急な変更はつきものです。その際、建設現場や生コンクリートメーカーと調整をしながら対応することが求められます。いろいろなハードルを調整し、無事届けてお客様から「助かったよ」と喜ばれた時は、この仕事のやりがいを感じますね。しかも、そうしてできた建物をその後長く目にすることができることも、この仕事ならではだと思います。
お客様と長くお付き合いさせていただける営業マンになりたかったので、この仕事はまさにそういう仕事だと実感しています。求められる知識や能力は以前よりずっと多いですが、その分大変やりがいがあります。