社員インタビュー

商材を知り、お客様を知り、技術を知り、
常識にとらわれない提案を目指して。

2016年入社

板谷 秋吾

板谷 秋吾

日々の会話の中からお客様が困っていることや課題に気づく。





私が所属する金属製品課では「切削工具」と呼ばれる、金属を削ったり穴を開けたりする道具を取り扱っています。お客様は主にものづくり系の工場となるため、お客様からご要望いただいた商品を毎日各現場に納品して回ります。大事なことは納品しただけで終わらないこと。おうかがいしたら必ず、現場の担当者様と顔を合わせて色々と話をするようにしています。そうした会話の中から日々お客様が困っていることや課題に気づくことができるので。お客様からずれば、商社は弊社に限らずたくさんあるので、別に太田博にこだわる必要はありません。だからこそ、次もその次も弊社へご依頼をいただくためには、ご要望をお聞きするだけではなく、よりお客様に喜んでいただける提案をする必要があります。例えば、加工の作業効率を上げる工具の提案を行ったりするなど、毎日、担当の方の言葉を聞き逃さず、何ができるかを考えながら仕事に取り組んでいます。



お客様へ適切なご提案ができるように勉強の日々。



私は北九州市の主催するインターンシップをきっかけに入社をしたのですが、大学では経済を学んでいたので、工業的な知識はまったくありませんでした。それに、工具の種類は膨大にあります。一つの工具でも材質やサイズの違いでさまざまあり、工具メーカー一社のカタログが辞書ぐらいの厚みがあったりします。そのため、金属製品課の仕事は一人前になるのに10年かかると言われるほど、多くの知識と経験を要します。それは、膨大な知識を持つ直属の上司でさえ、今でも「日々勉強だ」と言うほどです。だからこそ、私は上司の教えに習い、主だった製品の特徴などを頭に入れながら、お客様へ適切なご提案ができるように心掛けています。




奥深い工具の世界で、お客様の常識を変えていく。





弊社は自主性を尊重してくれる会社なので、自分で何とかするぞという気持ちが湧いてきます。分からないことも、まずは自分なりに考え、その上で上司へ相談する。営業は正解のある仕事ではないので、すぐに答えを求めるのではなく、何事も自分の頭で考え、行動することが大切だと思っています。それと、お客様からのご要望に「分かりません」「できません」と言わないということは心掛けています。言ってしまったら、そこで終わりです。そのときも、何か方法はないか考え、自分なりに答えを出してから、上司へ相談するようにしています。
そうやって提案した工具のテスト加工に立会わせていただき、結果がお客様に喜ばれて発注をいただく瞬間はとてもやりがいを感じられる瞬間です。前例のないやり方やお客様の常識を変えるような提案ができるようになることは私の目標の1つ。言われた仕事だけをこなす営業でなく、奥深い工具の世界で、「お客様の常識を変えていくんだぞ」と言ってくれる上司のような営業になりたくて、毎日頑張っています。